製品紹介:共振器法 誘電率測定装置 ファブリペロー共振器 60 GHz – 330 GHz

330 GHzでも驚くほど簡単で再現性の高い測定

  • tanδ0.01以下の低損失誘電材料の評価に最適
  • 約5分の自動測定でバンド内の周波数特性を一気に取得
  • 簡単設置:通常の実験室内・作業台上で測定可能

ファブリペロー共振器法は、スプリットシリンダ共振器ではカバーできない80 GHzを超える周波数に おける低損失誘電材料の評価に最適です。一部の専門家のための特殊装置のイメージが強かったファブリペロー共振器ですが、 EMラボが実アプリケーションでの使いやすさと再現性の高さに注力して開発した結果、 これまでの常識を覆すソリューションが生まれました。330 GHzという高周波でも、作業者や設置環境を選ばず、再現性の高い測定結果が得られます。

ファブリペロー共振器の写真です

共振器法の技術概要について詳しくはこちらをごらんください。

試料の加工について詳しくはこちらをごらんください。

測定例:PP(38㎛) @ 220-330 GHz (Jバンド)

毎回試料を取り外し8回測定した。300 GHzでこの再現性!

誘電率測定、300 GHzでの再現性
誘電正接測定、300 GHzでの再現性

システム構成例

  • Keysight PNAミリ波テストシステム(110 GHz)   N5290A
  • ファブリペロー用誘電率測定ソフトウェア     FP-MA
  • ファブリペロー共振器 Wバンド (75 – 110 GHz)  FP-W
  • 接続用ケーブル 1 mm
  • Windows 10 PC

製品ラインナップ

型番 品名 共進モード Q値 接続用コネクタ
FP-E ファブリペロー共振器 Eバンド(60-90 GHz) TEM 100,000以上 1 mm (f)
FP-W ファブリペロー共振器 Wバンド(75-110 GHz)
FP-D ファブリペロー共振器 Dバンド(110-170 GHz) WR6.5
FP-J ファブリペロー共振器 Jバンド(220-330 GHz) WR3.4